飼育・繁殖方法

コルレア飼育水槽

コリドラスを育て、繁殖させるための水槽として私が選んだ水槽は

ADA キューブガーデン
60cmワイド水槽 W60×D450×H45 水量112ℓ
¥26,000

結構高価で購入を躊躇しましたが、思い切って注文しました。

私がコリドラス専用水槽を60㎝ワイド水槽にした理由は以下です。

1.水量をなるべく多くしたかった。

2.底面積を広い物にしたかった

3.60㎝水槽の関連の器具は最も種類が豊富

4.ADA商品は長い目で見ると安い買い物

コリざぶろう
コリざぶろう
詳しくみていこう!

1.水量をなるべく多くしたかった。

アクアリウム初心者はなるべく水量が多い方が簡単であるというのが定説です。水換えなどをしても水質の変化が少ないため、生体への負担が軽くなります。

60㎝ワイド水槽よりも、大きな水槽が置ければ、そちらの方がおすすめです。90、120㎝水槽でコリドラスを飼えば、もっと水量が増えます。

ちなみに60cm水槽の水量は60ℓ。60ワイドは同じ横幅なのに水量はおよそ倍もあります。よほどこだわりがない限りは60㎝ワイド水槽を選ぶことをおすすめします。

60㎝規格水槽(W60×D30×H36)= 約60ℓ

60㎝ワイド水槽(W60×D45×H45) = 約112ℓ

コリざぶろう
コリざぶろう
倍も水量が違うんだね!

2.底面積を広い物にしたかった

これはコリドラスの習性を考えてのことです。

コリドラス好きならすぐにわかることですが、生息域が底面になるんですよね。

コリドラス専用水槽なら入っている生体が全て底面で生活することになります。

なるべく多くのコリドラスが広い生息域を確保して欲しいので規格ではなくワイド水槽にしました。

コリざぶろう
コリざぶろう
広い方が繁殖もしやすいかもね

3.60㎝水槽関連の器具は最も種類が豊富

60cm規格水槽は最も多く出回っている水槽サイズです。そのため、関連アクアリウムグッズも多く出回っており、金額も90㎝や30㎝水槽関連器具よりも費用対効果が高いものが多いように思います。

ワイド水槽は特別なサイズですが、関連器具は比較的容易に安価に手に入りますのでおすすめです。

コリざぶろう
コリざぶろう
60㎝ワイド水槽はアクアリウムグッズには困りませんね!

4.ADA商品は長い目で見ると安い買い物

これはアクアリウムあるあるですが、水槽を1台導入すると、繁殖や他の熱帯魚や水草を導入したくなるものです。すると、60㎝では満足できなくなってしまい、90cm水槽を導入したり、さらに大きい水槽を導入したりすることになります。

そうなると、小さいサイズの水槽が要らなくなることも多いです。

もちろん、サブ水槽として使うよって人もいると思いますが・・・

実際メルカリなどでも水槽が販売されているのもよくみます。

ですので、将来使わなくなることも視野に入れると、安くて大きめの水槽を購入するよりブランド力のあるADAを買っておいた方が、手放すときに割と高めで売却することができます。

メルカリのADA水槽の販売額と他のブランドの物を比較してみてください。
雲泥の差です。

ですから売却するときの金額も考えておくと、ADAの水槽は意外と安いのかもしれません。

コリざぶろう
コリざぶろう
水槽の処分ってお金もかかりますからね。

60㎝ワイド水槽のデメリット

60㎝ワイド水槽のデメリットはほとんど感じていません。

今まで30㎝キューブ水槽しか使っていなかったので、なぜ今まで60㎝ワイドにしなかったんだろうと後悔しているほどです。

でもあえてあげるとすれば

ADA 60㎝ワイド水槽は店頭に置いていないので取り寄せになる。

これぐらいでしょうか。

ADA特約店に5店舗ほど問い合わせましたが、全て規格水槽しか置いていませんでした。

結局いつもの行きつけのショップで注文して、数日待つことになりました。

ですがショップの対応が早ければ2、3日で届きます。

特約店はADAの注文サイトにアクセスして発注できるみたいですね。

コリざぶろう
コリざぶろう
朝の9時までに注文したら翌日には発送とおっしゃっていました。

以上より、私はコリドラス専用水槽なら60cmワイド以上をおすすめします。ではまた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。